プライベート名刺の作り方

プライベート名刺の作り方ですが、一般的な印刷会社に依頼することで簡単に作れます。パソコンとプリンターがあれば、自分でデザインをして作ることも可能ですが慣れていない人は依頼した方が早いです。基本的に100枚から発注可能で、安価なところは1,000円台で発注することが出来ます。

パソコンデザインなどは印刷会社のホームページにテンプレートが表示されているため、その中から選び、名刺の文字の書体や入れる文字を記載して申し込みをします。その後、印刷会社から返信と完成画像が送られてくるので問題がなかったら発注をするだけです。費用は銀行振り込みなどで前払い制度がほとんどであり、入金を確認次第制作に取りかかるというのが基本です。ただし、作り方や支払いに関しては、印刷会社によって違いがあるので、必ずしも同じとは言い切れません。

自作で名刺を作る場合は、名刺のテンプレートが入ったソフトが同梱された書籍が販売されています。パソコンに慣れていないと戸惑うかもしれません。お試しで作りたい人は印刷会社の方が手軽で簡単です。印刷会社によってデザインも異なり、基本的にどの印刷会社も豊富なデザインテンプレートがあるため、他の人と被った名刺になることはまずないので安心してください。

参照リンク
デザイン名刺.net 高品質名刺の作成・印刷【通販サイト・即日発送】

プライベート名刺に載せる情報とは

ママ友プライベート名刺に載せる情報について、あまり詳しく書きすぎないようにしましょう。ママ友との交流目的であれば、住所や電話番号を知っている場合も多いのですが、趣味で知り合った相手に渡す場合は注意しなければいけません。子供を介して交流がある場合と、まったく交流がない人では個人情報を渡す危険性も考えるべきです。

当然ながら、すべての人を疑ってかかれというわけではありません。しかし、インターネットが普及している現代社会では少々疑う程度の考えを持つ方が安心と言えます。中にはSNSにて個人情報をばらまく人もいないとは限りません。実際に行えば犯罪行為ですが、その後注意や警告が行っても流れてしまった個人情報は取り返せません。どんな人かきちんと把握するまでは、詳細を記したプライベート名刺は控えましょう。

個人情報を載せなければ、空白欄が目立ってしまいます。趣味で知り合った人に渡す場合は、自分の趣味について記載しておきましょう。自分の好きなものを記載することで、相手に伝わり、そこから話が広がる可能性もあります。さらに共通の話題が見つかって親しくなる場合もあるので、絶対ではありませんがイベントなどに行く場合は好きなものを記載しておきましょう。

プライベート名刺とは

名刺聞くと、ビジネスマンが取引先に渡すものという認識があります。しかし、近年はプライベート名刺が注目を浴びていて作る人も多くいます。プライベート名刺は名前の通り、仕事以外で使うものです。例えば、ご近所づきあいの挨拶、保育園や幼稚園、小学校などママ友を作る時にも活用出来ます。

子供の写真プライベート名刺は、主にママ友との交流目的で作る人が多い傾向にあります。幼稚園や保育園で初めてママたちと顔合わせをする時に、プライベート名刺があれば誰のママなのかをアピールすることも出来ます。基本的にママ友との交流目的で作った名刺の場合、子供の写真を使った可愛いデザインが主流です。子供が女の子だったら、ピンク系、男の子だったらブルー系など性別によって名刺のカラーを変える人も少なくありません。

ママ友交流で作る人は多いのですが、愛犬家や愛猫家の間でも人気があります。名刺に愛犬や愛猫の写真を乗せる人もいます。他にも、さまざまなイベントに参加する時の自己アピールとして活用する人もいます。ただし、名刺に載せる情報はきちんと選ばないと後々のトラブルになりかねません。プライベートとはいえ、名刺を渡すのですから初対面の場合がほとんどです。初対面の相手に、個人情報がずらりと載った名刺を渡すのは良くありません。後から仲良くなった時のために、最初の挨拶用と仲良くなった時用で使い分ける人もいます。今や名刺はビジネスマンだけの交流アイテムではありません。誰かと仲良くなるためのアイテムでもあるので、上手く使いこなしていきましょう。