ママ友プライベート名刺に載せる情報について、あまり詳しく書きすぎないようにしましょう。ママ友との交流目的であれば、住所や電話番号を知っている場合も多いのですが、趣味で知り合った相手に渡す場合は注意しなければいけません。子供を介して交流がある場合と、まったく交流がない人では個人情報を渡す危険性も考えるべきです。

当然ながら、すべての人を疑ってかかれというわけではありません。しかし、インターネットが普及している現代社会では少々疑う程度の考えを持つ方が安心と言えます。中にはSNSにて個人情報をばらまく人もいないとは限りません。実際に行えば犯罪行為ですが、その後注意や警告が行っても流れてしまった個人情報は取り返せません。どんな人かきちんと把握するまでは、詳細を記したプライベート名刺は控えましょう。

個人情報を載せなければ、空白欄が目立ってしまいます。趣味で知り合った人に渡す場合は、自分の趣味について記載しておきましょう。自分の好きなものを記載することで、相手に伝わり、そこから話が広がる可能性もあります。さらに共通の話題が見つかって親しくなる場合もあるので、絶対ではありませんがイベントなどに行く場合は好きなものを記載しておきましょう。